子宮筋腫を防ぐ為に気をつけること❘元気な子供を出産する方法

気になる費用

医者と看護師

日本では6組に1組の夫婦が不妊体質で悩んでいると言われています。自然な妊娠を望む為には男女共に健康体であることが必要条件となるでしょう。不妊は女性にも男性にも原因が生じる可能性があります。女性の場合は卵子が異常をきたすことが不妊の原因になります。男性の場合は、精子が異常に少なかったり全くなかったりすることもあり、女性がどんなに健康的な卵子をもっていても自然に妊娠を望むことはほぼ難しいと言えるでしょう。妊活をしていてもなかなか妊娠できないというほど重度となる不妊症の場合は、まず医療施設にて着床前診断を受けましょう。着床前診断というものは、女性に絞り込んで不妊の原因が卵子、または遺伝子や染色体にないか調べる為の診断を言います。

着床前診断を受けておくと、妊娠率を向上させたり流産を予防したりといった効果を期待することができるでしょう。着床前診断を受ける際にはもちろん費用が掛かります。医療施設や受ける回数によって費用の変動はありますが、平均でも80~90万円は掛かると言われています。着床前診断で妊娠率を向上させる条件は、重度の不妊症である場合に限られるので、全員が簡単に受けられるものではありません。しかし実際には、そうではない人が着床前診断を受けても法律違反にはならないので、高額な費用を出せばどんな人でも受けられるとされているのです。その際には100万円を超える場合もあるでしょう。不妊治療となる着床前診断ではありますが、費用面を考慮すると受けることは簡単なものではありません。その為、着床前診断を受ける医療施設選びは慎重に行ないましょう。